メインイメージ画像

買取サービスで中古携帯を売るコツ

中古携帯を買い取ってもらうには、どうしたらよいかわからない人が大半を占めています。中古携帯を買い取ってもらえるということは、ほとんど知られていないので、中古携帯を実際に買い取ってもらったことのある人が少ないからです。中古携帯を買い取ってもらえることが承知されていないので、大勢の人は家に残しておいたり、捨ててしまっている人が多いです。

実は、中古携帯は買取依頼ができるのです。

中古携帯の買取ルールは、店舗によっても細かい違いがありますので、詳細の確認が必要になりますが、あるお店が中古携帯を買い取るときのことを例に挙げて説明します。

中古の音声携帯やスマートフォンを買取してもらう場合、そのショップに持ち込むケースがほとんどですが、インターネットを通じて買取してくれるようなショップもあって、この場合は中古携帯を送ることになります。持ち込む場合も、送付する場合も、その中古携帯は初期化しておくことが要求されます。特にICカード・SIMカードがなければショップでは削除できないというようなアプリもあるため、この初期化は自分でしておくことが求められる場合がほとんどだと思います。

初期化したのちに、SIMカードを抜いて、ショップに持ち込んだり、送付したりするようにします。また、当然のことですが、ローンの残高があるような中古の携帯は買取してはもらえません。他にも、ネットワーク利用制限がかかっている中古携帯についても買取をしてはもらえません。

ショップによっては、中古携帯の確認に時間がかかってしまうことがあり、その場合は買取処理が多少長引くことがあります。この場合には買取金額の支払いも遅れることになります。

買取後の中古携帯がどう処理されるかと言うと、これもショップによって違いますが、店員がきれいに掃除をしてから、中古携帯機種のデータ消去を確認し、そのショップで中古携帯電話ということを表示して売りだされることになります。